発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

 Aun(あん)とは

Aunは2013年の9月に「おしゃべり会」を開催したのがスタートです。
 
自分が思っていた以上に全然思い通りにならない日々。想定外だらけの子育て。
 

「いじめ」「不登校」「発達障害」…周囲は私を責めているように見えたし、なんだかいつも肩身が狭いと感じていた。
  
友達に話しても、全然そんなことないよ!とか、家族に話しても、だったら辞めたら?とか、お前のやり方が悪いんじゃない?etc…。
  
近しい人でそうなんだもの。もう誰に相談していいのか、どこまで話していいのか…。

「そんなことない。」
「だったらやめたら。」
「お前のやり方が…。」
 
私の話を否定しないで聞いてほしい!ただそれだけなのっ!
 
 
阿吽の呼吸、ぴったり一致とはいかないかもしれないけど、気持ちが一致して共感出来たり、ここに行ったら仲間がいるとか話を聞いてもらえるとか安心感があったり、そんな場所になりたくて、cocorosalon Aun(あん)と名付けました。
 
 
特別なことは出来ないけど、1人1人と向き合って、一緒に何がベストなのかを考えたり、歩んでいきたいと思っています。
  
子どもの支援はもちろんだけど、親支援に力を入れて活動していきます!
  
その為に必要な事業を展開していきます。

Twitter始めました

  • New post: ハロウィンパーティ @あん寺子屋 https://t.co/vIPG3OrZpL
    about 1か月 ago

話題は「いじめから子育てへ」 ワンポイントレッスン付おしゃべり会レポ 


私と子どもと発達障害と。cocorosalon Aun(ココロサロンアン)

 

「いじめ」ってなんなの?

子育てって自分と向き合うことなの?

 

先日、ワンポイントレッスン付おしゃべり会を開催しました。

話題になったのは、いじめについて。そこから結構、壮大な話になったのですが。笑

 

おしゃべり会では、話したことを持ち帰らないこと・他言しないことが原則ですが、話しているうちに、「シェアしたいね」ということになりました。

 

その時の話と、私の考えを書いてみます。

IMG_7250

我が子がいじめられた時、その話を子どもがしてきたら、どんな風に対応しますか?

 

私は我が子(まめ)がいじめられた時、いじめっ子がなぜまめを殴ったのか、考えました。

 

・なんで、叩かれるのか、叩かれる何をしたのか?

・何か断った時の言い方が相手を傷つけたんじゃないか?

・普段のまめの態度で粗相があったんじゃないか?

・我がままだからかな?

・口が悪いからかな?

・KYだからかな?

 

 

必死に理由を考えては、

 

こういうことがあったんじゃない?

○○くんも****って思ったのかもしれないよ?

###って感じるようなことをしたのかもしれないね?

 

とまめに質問攻め&諭すような話かたをしていました。
 
まめは、聞いてほしくて話したのに、聞いてもらった感じはしなかったかもしれないな…

DVC00051

うーん。

子どもの話を

「そうかそうか、そうなんだね。」

「行きたくなくて当たり前だよね、行かなくていいよ」

「自分のペースで話してね、聞くよ」

 

と本当の意味で言える親ってどのくらいいるだろう。

 

ほとんどの場合は、そうは言っても、それが改善されたら学校に行けるんだなと思い、改善に努めたり、「そうなんだね」と聞いた後に、「でも、あなたにも…」なんて、理由を探したり、自分のペースでいいと言いながら、尋問のように質問攻めにしてしまったり…。

 

もちろんこれは、親なりに子どもを助けようと思ってやっていることですから、子どもを傷つけようとかそういうつもりでやっているわけではありません。

 

聞いてほしくて話したのに、聞いてもらった感じもないかもしれないし、ママなら味方でいてくれると思って話したのに、否定された感覚や信じてもらえない感覚を感じるかもしれません。

 
よくよく考えたら、誰一人、
何一ついじめられていい理由はないんです。

 

その時はなにか理由が欲しかった。(私自身)

私が納得いく理由や(周囲に理解されるような、説明できるような)環境が欲しいなと思うんです。

lgf01a201402222000

それってなんでだろう?

 

正解はわからないけど、どこかで、「いじめられている側に問題があると思うから」なんじゃないかなとか、思うんです。

 

そして、多くの人が、程度は違えど、「いじめられたことがある」、「仲間外れにされていた」などの経験があるように思うのです。

そこをね、どこか自分が悪かったんじゃないかと思っているんじゃないかと。

 

そう思っているから、我が子がいじめられた時にも、理由を探してしまうのかもしれない。

 

自分の経験値で、許されたことは、許されて当たり前。

許されなかったことは、許されなくて当たり前。

 

してもらったことはしてあげられるし、してくれなかったことはしてあげられない。

だって、私だってこのくらいのこと、我慢したもん。

 

こうなってくると、結局自分自身と向き合うことなんじゃないの?なんて話になったのです。

 

自分だけだったら、何とかすり抜けてきたことも、子育てをしてみたら、真正面に立たないとやれないことも出てきたり、逆に案外横に道があるのに、今までの経験から、真正面に立つことしかできなくって、立ち往生してしまったり。
 
 
本当はその時、どうしてなっていたら、今、正面に立っても、やれるのか?
 
本当はその時、何がどうなったら、今、横の道にも気が付けるのか?
 
b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s

1人で考えても、わからないことも、色んな人と話したら、違う自分にも気が付く…かもしれないし、気が付かないかもしれない。
 
いじめの話からは、少し?だいぶ?それて終わったおしゃべり会でしたが、色んな話が出来て、とても有意義な時間になったのかなと思います。

 

次回は、7/14(火)に開催します。

出入り自由なので、お気軽にお越しください♡

 

また、こころのことについて、子連れで学べるAun*co_yaの詳細は下記からどうぞ(*^^)v


cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。
子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。
後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。


2015年新設!!
ママのための寺子屋【Aun*co_ya アン小屋】
詳細はこちらからご覧ください。
幕張教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3001
いちはら教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3030

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

遠藤 歩

17歳/息子(アスぺルガー・ADHD):中1/娘:小3/娘(グレーゾーン?不思議ちゃん)3児の母。    職業:心理カウンセラー   目に見えない、「発達障害」の子育てに、苦しみ、悩みました。 その経験を基に、子育てをひとり抱えて頑張っているママたちとおもいを共感したい!ココロを少しでも軽くしたい!そんな想いから、Aunの活動をはじめました。   1人でも多くの人が笑顔になれますように。

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2017年10月05日 ●10月の予定
2017年05月09日 5月の予定
2017年08月31日 ●9月の予定