発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

宿題は誰のもの


私と子どもと発達障害と。Cocoro*salon~Aun~

 

宿題は誰のもの

 

火曜日あそゆかコラムです。

 

夏休みも半分が終わろうというところ。お子さんがいる方はどんな風に過ごしているでしょうか。

 

宿題、ちっともやってない

 

お子さんのそんな姿にヤキモキするお母さんもいるかもしれませんね。

 

DSC_0006

 

私は、娘たちが宿題、どこまで進めたのか・・・・

よく知りません。

様子を見ているに、

次女は順調に進めて8割は終わっているみたい。

長女は、、、、、

たぶん、2割進んでないような気がします。

 

そもそも、今年の娘たちの宿題は何があるのか

把握していません。

 

はたから見たら、ちょっと、お母さんとしてはイケてない、かも。

 

子育てが始まってすぐ、

私について回った呪文のような言葉は

 

「ちゃんとしなくちゃ。」

 

でした。

具体的に、何をどうすることが「ちゃんと」なのか

 

はっきりしている時もあれば

よくわからずはっきりしていない時もあり

 

とにかく、、、

 

「ちゃんとしなくちゃ!」っていつもいつも

心の中で唱えていました。

 

家事をちゃんとしなくちゃ

子育てちゃんとしなくちゃ

 

そう思っている時は

わが子にももちろんそのあやふやながらも強力な

「ちゃんと」を求めていました。

 

ちゃんと、挨拶できる子に

ちゃんと、お片付けできる子に

ちゃんと、人の言う事を聞ける子に、ってね。

 

でも、自分にも人にも「ちゃんと」を課すほどに

すごーーーーーく

 

口うるさくなる

そして

くたびれる。

 

ということに、気づきました(笑)

 

ちゃんとできていない自分に、わが子に、減点をしちゃう。

あぁ、だめねぇ。って。

 

ちゃんとしなくちゃって、頑張る。

ちゃんとしなさい、ってコントロールしようとしちゃう。

 

でも、ほんとはそこまで頑張りたくなかったりする私。

わが子といえど人をコントロールするなんて、そもそも無理。

だから、くたびれる。

 

あぁ、ちゃんと、ちゃんと、ちゃんとしなくっちゃ・・・・

でも、ちゃんと、ちゃんと、ちゃんとできない私・・・・

 

 

ある時、手放してしまいました。

 

 

そんなあやふやな「ちゃんと」に縛られてくたびれるなら

 

いらなくない???って。

 

むしろ、ちゃんとしてなくてもいいよ。

その方が、とっても楽で居心地いいんじゃない??って。

 

 

・・・・・要は

 

ダメな自分をしっかりさせるように

「ちゃんと」の鎧を着て頑張るんじゃなくて

 

ちゃんとできない自分やわが子を減点するんじゃなくて

 

 

鎧を脱いで

 

「すみません、これが私なんですわ」って

ダメな自分にできるだけOKを出そうと

 

シフトチェンジしました。

 

そこから少しずつ子育ても生きることも

楽になったような気がします。

(まだまだ鎧を着こんでしまう時も、あるけれど。)

 

 

今は、、、、、、

 

以前からしたら緩みすぎて

 

「そろそろちゃんとしないとかな」なんて思うくらいになりました(笑)

 

 

そんな感じなので

娘たちが小学生になった時に伝えたのは

 

「勉強は誰のためでもなく、

自分のためのもの。

ママは勉強しなさいとは言いません。

 

その代わり、

勉強は、自分でやったらやった分、自分のものになるよ。

やらなかったら実にならない、それだけ。

だから、自分で考えておやりなさい。

出された宿題くらいは、やりなさいね。」

 

ということでした。

 

やるもやらないも、娘たちの選択。

選択したことの結果は、娘が自分で引き受ける。

 

何を選択するかは

できるだけお任せしようかなあと。

 

時々「宿題やりたくなーい!」とごねる時もあります。

 

「じゃぁ、【やりたくないからやりませんでした】って

先生に言ったらいいんじゃない??」

 

「え、そんなの嫌だ。怒られる」と娘。

 

「だって、やりたくないんでしょう?正直に言えばいいのに。」

 

「・・・・・・・。」

 

黙って宿題をやり始めます。

 

宿題をやる、やらない

早めにやる ギリギリになって一気にやる

集中してやる  だらだらやる

 

お母さんになるとつい、

わが子のいろんな事気になって

あれこれを言ってしまうけど

 

子どもの課題は子供のもの。

子どもが自分でしたように結果を引き受ける

 

それがはたからみて

あぁ、どうしようもないわねぇ

 

と思うことだったとしても

自分で体験するって

大事かなあと、思います。

 

 

ということで。

 

毎日、ゲームと、アイスと、大好きなテレビドラマと。

海、プール、友達と遊ぶこと、に

二人娘はうつつを抜かしている夏休み。

 

DSC_0476

 

「そういえば宿題進んでる??」

 

「えーーーー!あたしまだ一個しか終わってないよーーー!」という長女に

 

「ふーん。ギリギリになって

手伝ってー!って言っても

ママ、手伝わないからねーーーー(笑)」

 

ちょっと意地悪に返事をしています。

あ~ぁ。きっと最後の一週間で

ひーひー言いながら、やるんだろうな。

 

でも、わからなくも、ないなぁ。

私もいつだって

お尻に火がついたらギリギリで動く人だから(笑)

ヒーヒー言いながらも

そのぎりぎり感が実は、好きでもあるしね。

 

宿題より何よりも

夏は楽しい魅力が、たくさん。

たくさん遊んで、楽しめ、娘たち!

 

DSC_0422

 

わが子のだらしなさやぐうたらさに

ムキーーーーッ!ってなっているママさんがもしいたら。

 

そんな時ほど

自分に特別おいしいコーヒーでもいれて

「あぁ、美味しい❤」って

のんびりしましょ。

 

子どもにがみがみするより、きっといいですよ(^^)

 

今日もすてきな一日になるように。

 

 

あそ ゆか

 


cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。

子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。

後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。


2015年新設!! ママのための寺子屋【Aun*co_ya アン小屋】

詳細はこちらからご覧ください。

幕張教室はこちら。 http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3001

いちはら教室はこちら。 http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3030

The following two tabs change content below.

ゆかあそ

最新記事 by ゆかあそ (全て見る)

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2015年11月23日 どこまで頑張る?
2015年03月09日 まるごと食べる
2014年07月14日 日々騒音
2015年12月29日 今年の笑顔の数は。

facebookをフォローする