発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

 Aun(あん)とは

Aunは2013年の9月に「おしゃべり会」を開催したのがスタートです。
 
自分が思っていた以上に全然思い通りにならない日々。想定外だらけの子育て。
 

「いじめ」「不登校」「発達障害」…周囲は私を責めているように見えたし、なんだかいつも肩身が狭いと感じていた。
  
友達に話しても、全然そんなことないよ!とか、家族に話しても、だったら辞めたら?とか、お前のやり方が悪いんじゃない?etc…。
  
近しい人でそうなんだもの。もう誰に相談していいのか、どこまで話していいのか…。

「そんなことない。」
「だったらやめたら。」
「お前のやり方が…。」
 
私の話を否定しないで聞いてほしい!ただそれだけなのっ!
 
 
阿吽の呼吸、ぴったり一致とはいかないかもしれないけど、気持ちが一致して共感出来たり、ここに行ったら仲間がいるとか話を聞いてもらえるとか安心感があったり、そんな場所になりたくて、cocorosalon Aun(あん)と名付けました。
 
 
特別なことは出来ないけど、1人1人と向き合って、一緒に何がベストなのかを考えたり、歩んでいきたいと思っています。
  
子どもの支援はもちろんだけど、親支援に力を入れて活動していきます!
  
その為に必要な事業を展開していきます。

Twitter始めました

  • New post: ハロウィンパーティ @あん寺子屋 https://t.co/vIPG3OrZpL
    about 1か月 ago

誰が何と言おうとも。


自分を大切にしてほしい
IMG_6283[1]

愛してほしい
手をかけてほしい
めをかけてほしい
 
素直に言えないから、実力行使で、
「私こんなに出来るんだよ、凄いでしょ!」(大切にしてよ)
「一人でもここまで頑張れる!」(私をみて)
「他と比べて劣らないように」(1番になれば褒めてくれる?)
なんか、こんなことしてても、出来るからってもっと放っておかれる気がする。
 
彼氏に迷惑かけたくないからって何でもやっていたら、何にもできない女に彼氏をとられるっていうパターンに似てる気がする。
 
なんだよ、結局出来ないやつが大切にされるのかよって思っていたけど、単純に素直なのかもしれない。
 
出来ない時は出来ないって頼ったり、助けてほしいって言えたり。
 
1人で踏ん張らなくてもいいのにね。
 
素直に頼ったのに、断られることで傷つくことが怖いから。
 
結局は、またやっちゃって、大切にされてない気がして、何となく負のスパイラル。
 
 
じゃ、どうしたらいいのよ?って。
IMG_6503[1]
まずは自分で自分を認めてあげましょう。褒めてあげましょう。 愛してあげましょう♡
  
人と比べて、出来る自分・頑張る自分。
  
人と比べて出来ていないから、愛される価値が無いとか、大切にされる価値が無いとかそんなわけがない。
 
何が出来ていたって出来てなくたって、誰もが皆、価値がある。

私の存在って、唯一無二の存在なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。

子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。
後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。

...............................

The following two tabs change content below.

遠藤 歩

17歳/息子(アスぺルガー・ADHD):中1/娘:小3/娘(グレーゾーン?不思議ちゃん)3児の母。    職業:心理カウンセラー   目に見えない、「発達障害」の子育てに、苦しみ、悩みました。 その経験を基に、子育てをひとり抱えて頑張っているママたちとおもいを共感したい!ココロを少しでも軽くしたい!そんな想いから、Aunの活動をはじめました。   1人でも多くの人が笑顔になれますように。

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2015年10月05日 死ねって言葉。