発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

 Aun(あん)とは

Aunは2013年の9月に「おしゃべり会」を開催したのがスタートです。
 
自分が思っていた以上に全然思い通りにならない日々。想定外だらけの子育て。
 

「いじめ」「不登校」「発達障害」…周囲は私を責めているように見えたし、なんだかいつも肩身が狭いと感じていた。
  
友達に話しても、全然そんなことないよ!とか、家族に話しても、だったら辞めたら?とか、お前のやり方が悪いんじゃない?etc…。
  
近しい人でそうなんだもの。もう誰に相談していいのか、どこまで話していいのか…。

「そんなことない。」
「だったらやめたら。」
「お前のやり方が…。」
 
私の話を否定しないで聞いてほしい!ただそれだけなのっ!
 
 
阿吽の呼吸、ぴったり一致とはいかないかもしれないけど、気持ちが一致して共感出来たり、ここに行ったら仲間がいるとか話を聞いてもらえるとか安心感があったり、そんな場所になりたくて、cocorosalon Aun(あん)と名付けました。
 
 
特別なことは出来ないけど、1人1人と向き合って、一緒に何がベストなのかを考えたり、歩んでいきたいと思っています。
  
子どもの支援はもちろんだけど、親支援に力を入れて活動していきます!
  
その為に必要な事業を展開していきます。

Twitter始めました

  • New post: ハロウィンパーティ @あん寺子屋 https://t.co/vIPG3OrZpL
    about 1か月 ago

死ねって言葉。


「死ね」ってことばの重み。

 

この言葉の意味、きっとみんな知っていますよね。

 

意味も何も、言葉通りというか。

 

この言葉、今時?というのかな、多用されているように思います。

それを感じたのは、まめ(長男)がLINEをし始めた時。

最初は、家族共有のタブレットで利用していたため、あれこれ筒抜け状態でした

12063325_816239361823141_8833612840024104594_n

子どもたちは、当たり前のように「お前ムカつく、死ねよ」とか、「うざい」「キモい」「死ね」

こんな言葉を連発。それだけでもどうなの?って思っていたのに、不思議と、会うと普通に会話しているのです。

 

私にはまったく理解できない世界。

 

私が昔、そういう言葉に出会う時は、本気。だから、実際会っても話さない。相手の事は嫌いとか、そういう状態だった。

11953146_797539223693155_4687596396019465815_n

それが、今は普通なんですよ、ふつう。

物凄く違和感です。

 

それに、言葉の意味を理解していないというか、重くとっていないというか。

ふざけていても言っていい言葉ではないと思うんです。私は「死ね」って言葉、嫌いです。

 

マメは、自分の感情を抑えるのが下手です。嫌なことがあると教室を飛び出すことも多々あります。

それでも、最近は、座っていられるようになったみたいだし、だいぶ自分の気持ちの消化が上手になってきたと思います。

fdafbded30cd3ee434b56e97a2bae3f6_s

ただ、たまに爆破すると、あれこれとめどない…。ただ、だからと言って「死ね」と言っていい理由にはならない。

 

まめが小6か中1か、その辺りにも一度、散々暴れた挙句に、「私にお前なんて死ねー」と言ってきたことがありました。

その時、私は、息子に包丁を手渡し、「殺しなさい。」と言ったことがあります。

感情がとても高ぶっていたので、もしかしたら、本当に刺されるかもしれないとも思ったけれど、私はどうしてもその言葉をたやすく使ってほしくなかったのです。

 

結果は、ボロボロ泣きながら、ごめんなさい…でした。

死ねということは、こういうことです。他の人に言ったら、あなたみたく冗談が通じない人や、言われて苦しい人は本当に死んじゃうかもしれない事を説明して、わかってくれていると思っていた…。

でも、この前、また言われました。

 

息子の思い通りに行かない時に、「死ねよ」って。

 

やっぱりどーーーーーしても許せない。そして、またか…と悲しい。

 

ということで、現在、死んだことにして生活しています。私が死んだことにして生活するということはたくさん不都合があると思いますが、しっかりからだで学んでほしいのです。

「死ね」って言葉は、本当に傷つきます。

私も、戦っていますが、戦っているこっちもちょっと辛いです。

 

それでも、正面から向き合っていきたいと思っています。

光が差し込んでくることを信じて。

IMG_4562[1]

「発達障害があるから、何でも許されると思ってるの?」と旦那に言われたことがありますが、そんなことは思っていませんし、発達障害だから、叩いていい、暴れていい、暴言を吐いていいとは思っていません。

 

ただ、一度教えたからと言ってすぐになおるということは少ないと思います。根気よく教えることで、スピードは遅いかもしれませんが、成長していきます。

そこを甘やかすつもりも、発達障害だから、仕方ないでしょ!と開き直るつもりもありません。

これ(旦那のような発言)、結構、健常のお子様を育てられてるお母さまから言われて傷つくんです。発達障害やグレーと言われる子どもを育てている親、大体はこう思っていると思う…。思う。

IMG_2304[1]

親や周囲にいる人も、人間なので、腹が立つこともあるし、ショックを受けたり、もうどうしよう…って思うこともあると思います。

そんな時は、気軽におしゃべり会やママのための寺子屋【Aun*co_ya】に来てみてください。

 


cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。
子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。
後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。


2015年新設!!
ママのための寺子屋【Aun*co_ya アン小屋】
詳細はこちらからご覧ください。
幕張教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3001
いちはら教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3030

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

遠藤 歩

17歳/息子(アスぺルガー・ADHD):中1/娘:小3/娘(グレーゾーン?不思議ちゃん)3児の母。    職業:心理カウンセラー   目に見えない、「発達障害」の子育てに、苦しみ、悩みました。 その経験を基に、子育てをひとり抱えて頑張っているママたちとおもいを共感したい!ココロを少しでも軽くしたい!そんな想いから、Aunの活動をはじめました。   1人でも多くの人が笑顔になれますように。

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2014年09月10日 自分のきもち -vol.2-