発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

おぉ!そうきたか!


私と子どもと発達障害と。Cocoro*salon~Aun~

 

おぉ!そうきたか!

 

火曜日あそゆかコラムです。

シルバーウィークで学校も秋休みのご家庭も多いでしょうか。

我が家は旦那さんの両親と親戚がそろって山形から千葉に来てくれて

とってもにぎやかな数日をすごしました。

 

さて。。。。

 

先日こんな記事を読みました。

 

************************************************

ある方は

 

「旦那さんは自分と違う視点で物事を見ているので

旦那さんの指摘は「そうなんだ!」ととても新鮮なんです。」

 

といい

 

もう一方の方は

 

「旦那はいつも私の意見に反対する。

押しつけがましいし、旦那の言うことを聞いて

うまくいったためしがない。」

と言う。

 

でも・・・・・

 

それぞれの旦那様が言うことは

実は

 

あまり違いがなかった。

 

尊敬の目で見れば、尊敬を見つける。

否定の目で見れば、否定を見つける。

 

**********************************

というような内容で。

 

 

人間関係において

幸せかどうかは、

相手によって決まるものではなく

 

あなたが相手をどう見るか

相手のどこを見ているかで決まる

 

ということですね、とその記事はしめくくられていました。

 

「なんでそうなの?!」

 

 

「おぉ、そう来たか!」の違い。

 

 

これって、旦那様との関係に限らず、

あらゆるシーンに言えること。

 

DSC_0041

 

以前、心の距離が違いほど

期待値は上がりがち、

そんなことを書いたかと思うのですが

 

身近な関係になればなるほど・・・

家族は特に

 

「私の思っていることを受け入れてもらえる」

「私の言うことをわかってよ」

「わかってくれるはず」

 

ついつい

「私視点ベース」になりがちです。

 

私視点ベースで物事を見るときの前提は

 

「正しいのは私」

 

私のベースに合わないものは

「なんでそうなるの?!」

になってしまいます。

 

でも。

 

「私が私のベースで物事を見ている向こうで

相手は相手のベースで物事を見ている

(それも、私には見ようのない視点から)」

 

と言うことを忘れずに大切にしていれば

 

そして

 

私も、相手も、

それぞれにユニークな考えや生き方を選択している

結構素敵な存在

 

と思っていれば

 

たとえお互いの意見や考え、選択が違っていたとしても

 

「そっか、あなたはそう考えるんだね。」

 

それぞれを大事にして

どうするか、話し合ったり、妥協しあったり、協力しあったり、できます。

 

自分とは違う、正反対の意見だったとしても

 

「おお!そうきたか!」

 

この驚きとともに相手を見つめる視点を持っていれば

さぁ、じゃぁ、どうしようかと

わくわくした興味さえ出てくるかもしれません。

 

DSC_0004

あなたの心のファインダーは、何を見てますか??

 

 

相手を卑下しようと意識しているわけじゃないけど・・・・

 

結構ありませんか?

 

「もう、なんでいつもそうなのよ?!」

 

「あぁ、もう、なんで私の言ったことわからないのよ?!」

 

 

なんて、言ってしまうこと。

 

うん。私も、あります。

 

よくよく考えたら、これってとっても高慢かもしれませんね。

 

「あなたは私の言うことを聞くべきよ」

「あなたって私の言うこと全く聞けないのね」

 

そんなメッセージを相手に送りつけているのですから。

 

ということで

 

 

「おぉ、そうきたか!」

 

の一言をとり入れてみては、いかがでしょう。

 

案外、おもしろいことに、なるかもしれません。

 

ヒトの脳は、問いかけられると答えを探さずにはいられないそうです。

「なんでそうなのよ!?」と言えば

そうなる原因ばかりを脳は探し始めてしまいます。

 

では「おぉ!そうきたか!?」は???

 

私の体験では

どうしようかなぁ、と

攻略方法を見つけようとするようです。

 

どうぞお試しあれ。

 

先日、旦那様が一緒に出掛けた先で酔いつぶれて

帰宅後駐車場に戻してしまうという大そそう。

本人はそのままつぶれてしまうという。

 

こんな時こそ!

 

「おぉ!やってくれたな!そう来たか!」

 

私の脳みそはフル回転で

この状況をどう自分にプラスにもっていくか考え始めます。

 

ハラグロ嫁は、どうしたかと言いますと。

 

何も言わずに後始末をして

翌朝明るくご報告♪

そして明るく笑顔で言ってみました

「ペナルティね★」

 

えぇ、狙っていたバッグを買ってもらうことが確定しましたとも。

 

ひゃっほい!!!!

 

あれ、ちょっと、ちがうかな?!

だいぶ、ちがうかも(笑)

 

何はともあれ。

 

違う、ということ。

意見が、考えが、育った環境が、人間性が違うということを

興味を持って楽しんでみる

そんな遊び心は、大切かもしれませんね。

 

 

今日も素敵な一日になりますように!

 

あそ ゆか

 


cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。
子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。
後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。


2015年新設!!
ママのための寺子屋【Aun*co_ya アン小屋】
詳細はこちらからご覧ください。
幕張教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3001
いちはら教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3030


 

The following two tabs change content below.

ゆかあそ

最新記事 by ゆかあそ (全て見る)

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2015年08月24日 雑穀米
2015年02月27日 発達凸凹と自己肯定感
2015年03月24日 当たり前に多様性。

facebookをフォローする