発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

風邪からの、有り難し論。


子どもと発達障害と。Cocoro*salon~Aun~

 

風邪からの、有り難し論。

 

火曜日あそゆかコラムです。

 

前回コラムでお知らせした、

 

第二回木更津あかり祭~夜灯~

 

市民手作り和紙灯籠3000個を灯すお祭りが

10月24日に無事行われました。

アメバ夜灯1

詳しくはこちら

 

その街に暮らす方を巻き込んで

大きなイベントをすることになるなんて

数年前の私からは思いもよらないことだけど

 

言い出しっぺの私を

がっつり支えて引っ張ってくれたパートナーさんと

こまごました作業をいつも快く手伝ってくれたママたちと

当日の力仕事をたくましくこなしてくれたボランティアさんと

書類の提出はじめいろんなサポートをしてくださった市の方と。

やりたいことをやる!につき進む妻であり母である私を

まったくと思いながらも協力してくれた家族と。

 

本当にたくさんの方が力を貸してくれて助けてくれて

3000個のあかりが実現しました。

 

この活動を通して、

男性のたくましさと優しさ

女性の気配りと優しさにたくさん気づくことができました。

 

以前は、人に頼ったり助けてもらったり甘えるのは

「負け」で「恥ずかしいこと」で

「至らない自分がいけない」って思っていたけど

 

助けてくれることを、

ありがとうって受け取ること

誰かを信じて頼ることの大切さも、知りました。

 

 

さて、無事夜灯は終わって、、、、

 

ここしばらく張っていた気が、

一気に抜けてしまったんでしょう。

 

お祭り終了後から、喉がイガイガ。

 

久しぶりに、風邪をひきました。

この前いつ風邪をひいたか覚えていないので

たぶん1年以上・・・数年ぶりです。

 

普段は過労で倒れることはあっても、一晩~せいぜい一日

ゆっくり休養していればV字復活するのに

 

風邪となると・・・・

絶え間なく流れる鼻水。

止まらないくしゃみ。

鼻水は出るのに詰まる鼻。

寝入りばなには咳がコンコン。

鼻で息ができなくて、口はカラカラ。

 

昨日の移動は常に箱ティッシュがお供。

 

DSC_0095

実物はお見苦しいので、ぬいぐるみで代用。

 

そして・・・

 

味と匂いがまったく、分からない!

 

これには困りました。

 

頑張ったご褒美おやつに買っていた、

かりんとうドーナツ。

食べたかったのに、味わえない。

 

お昼には関西風のきつねうどんを作ろうと思ったのに、

塩の塩梅が、まったくわからない。

味見してもわからない。

 

お揚げを甘辛く煮たいけど

甘辛具合も調整できない。

 

ごはんを作る時の、いろんな香りを嗅いで

いい気分になることも、できない。

 

 

 

夕方になっても一向に良くならなくて・・・・・

 

煮物の味加減も

お味噌汁のみそ加減も

酢のものの酸っぱい加減も

全く、分からないじゃないかーーーーーー!

 

なんだかがっくりきて、脱力。

結局昨夜は

 

昆布とカツオのお出汁をいっぱい入れて

ホタテ、豚肉、厚揚げ・・・・

ダシの出る食材を使って、お鍋にしてしまいました。

(味付けが適当でも、なんとか、なる!)

もちろん私は味がわからないまま。

 

味わうことなんて、

香りを嗅ぐことなんて

いつも当たり前すぎて

当然のことで

 

な~んとも思ってなかったけど。

 

当たり前ができなくなると

なんとも日常はつまらなくなってしまう。

 

香りが感じられないと、

味がまったくわからないと、

食べる気も失せるし

五感が二つも失われると

なんだか、世界から少し隔離された気分。

(え?大げさ?でも、本当に、とっても切なかったです。)

 

あぁ~~~~

 

かりんとうドーナツ食べたかったのに。

関西風おうどん食べたかったのに。

お出汁の香りは、幸せなのに。

久々味のしみた甘辛お揚げが食べたかったのに。

 

ないってわかると、かえって欲しくなる、人のサガ。

 

12006093_859336547483288_5170200274727955224_n
感じられなくなると恋しくなる
お味噌汁のお出汁の香り。

 

あ~ぁ。

かみ過ぎて真っ赤になっている鼻をこすりつつ

なんだか、しんみり。

 

当たり前って、ありがたいのねぇ、

味わえるって、香りがわかるって

ほんとに幸せなことなのねー

 

しみじみ、思っている夜です。

 

具合が悪い時って

つい気持ちもアンダーになるけれど

 

あぁ、人もそうだなあ、と。

当たり前な人ほど・・・・

普段、いるのが当然な存在ほど

いつもそこにいる人ほど

失っちゃったら、大きいんだな、

 

そんなことまで思いだし。

 

身内ほど・・・

(私にとってのそれは、血の繋がった家族だけでなくて

自分の心のゲートを開けて、

大きく受け入れた人を言います)

 

気遣いを忘れて、

さばさばとしたやり取りになって

 

たまに会うお客様には

よそ行きの笑顔や意識した気遣いを用意したりしちゃうけど。

(といっても、悪意をもって使い分けているわけでは、ないですし

お客様への気配りと笑顔だって、私の本心からの行動ですが)

 

うん。

 

当たり前にいてくれる人って

実は、すごーい大事なんだよね。

いてくれないと、困っちゃうんだよね。

実は、失いたくなくて、大好きだったりするんだよね。

 

つい、ぶっきらぼうしたり

一言が足りなくなったりしちゃうけど。

(私の場合、つい娘たちにそうなりがちです。)

 

よく言われることだけど。

 

 

当たり前は、有り難し。

 

 

なくなって初めて気づく、なんてなる前に

 

いつもいてくれる人ほど

大事に、笑顔で、ありがとうって

いたわらなくっちゃなー

寄り添わなくっちゃなー

一緒の時間を、大切に、楽しまなくっちゃ。

 

なんだか反省したのでした。

 

遠くの誰かも大事だけど。

 

いつもそこにいるのが当然な

あなたのそばの

実はとっても大切だろう誰かさんを

今日は大切にして

喜ばせてみては、いかがでしょう。

 

きっと幸せなひとときと、なるはず。

 

 

木枯らし一号が吹きました。

これから季節は冬へまっしぐら。

 

みなさんも、風邪などひきませんように。

 

あそ ゆか

 


cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。
子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。
後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。


2015年新設!!
ママのための寺子屋【Aun*co_ya アン小屋】
詳細はこちらからご覧ください。
幕張教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3001
いちはら教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3030

The following two tabs change content below.

ゆかあそ

最新記事 by ゆかあそ (全て見る)

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2015年06月08日 頭が良くなる食べ物!
2015年05月29日 ”友達”の定義。
2015年06月22日 お弁当
2015年05月13日 水やりのタイミング

facebookをフォローする