発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

 Aun(あん)とは

Aunは2013年の9月に「おしゃべり会」を開催したのがスタートです。
 
自分が思っていた以上に全然思い通りにならない日々。想定外だらけの子育て。
 

「いじめ」「不登校」「発達障害」…周囲は私を責めているように見えたし、なんだかいつも肩身が狭いと感じていた。
  
友達に話しても、全然そんなことないよ!とか、家族に話しても、だったら辞めたら?とか、お前のやり方が悪いんじゃない?etc…。
  
近しい人でそうなんだもの。もう誰に相談していいのか、どこまで話していいのか…。

「そんなことない。」
「だったらやめたら。」
「お前のやり方が…。」
 
私の話を否定しないで聞いてほしい!ただそれだけなのっ!
 
 
阿吽の呼吸、ぴったり一致とはいかないかもしれないけど、気持ちが一致して共感出来たり、ここに行ったら仲間がいるとか話を聞いてもらえるとか安心感があったり、そんな場所になりたくて、cocorosalon Aun(あん)と名付けました。
 
 
特別なことは出来ないけど、1人1人と向き合って、一緒に何がベストなのかを考えたり、歩んでいきたいと思っています。
  
子どもの支援はもちろんだけど、親支援に力を入れて活動していきます!
  
その為に必要な事業を展開していきます。

Twitter始めました

  • New post: ハロウィンパーティ @あん寺子屋 https://t.co/vIPG3OrZpL
    about 1か月 ago

発達障害グレーといわれる子どもの進学について -小学校・中学校ー


千葉県市原市で、発達障害の子どもを育てている親・関わる全ての人が集える会 Aun(アン)

 

発達障害の子どもの進路について

そろそろ小学校の就学前検診がはじまった学校もあると思います。
 
そんな時に発達凸凹のある子どもたちがぶつかる、通常級なのか支援級なのかということ。
 
どっちのクラスがいいのか…?って悩みだと思います。
 
私のおススメとしては、不安なら支援級に行って、丁寧に対応してもらうこと。
早い段階から、ゆっくりと先を見据えた適切な支援をすることだと思います。
 
二次障害を最小限に抑える。小学校進学
支援級に行くのは、親としてちょっと認めたくない…と思う方も多いようです。
 
我が子が5年生の時の就学健診後に先生が来年は1年生が入ってくるかもしれないと話していたけれど、結局は1人も来なかった。
お母さんが通常級がいいと言っていたので…。とのこと。学校は強くは言えないらしい。
6c783a9e5c8ca844fa52094d488a9465_s
我が子は、小4の時に診断名が付き、小5から支援級を立ち上げてもらい在籍。
 
小3.4とからだがアザだらけになるほど殴られ、誰かにチクったら殺すと言われ、冗談が通じないアスペのある息子は、本当に殺されると思い、誰にも言わずに堪えていました。
 
学校に行き渋った時に気が付けなかった私自身を責めることもありました。
 
息子は、どうせ俺はなにしても、出来ないし、馬鹿だし、しょうがないと思っていたようです。皆と比べては、出来なさをかみしめ、自尊感情も自己肯定感も、どんどん低下していきました。
 
私の体験からいくと、早い段階で支援級で苦手なことをフォローしたり埋めていく学習をして行けた方がいいのかなと思います。
 
通常級で周囲と比べていつもできない自分・いつも怒られる自分で劣等感や自己肯定感が低下していくなら、支援級でそれぞれに合った指導をしてもらえた方が子どもは幸せなんじゃないかと思っています。

 

支援級にはいる時に知っておきたいこと。

・支援級に所属していると、中学校も必然的に支援級に所属になるということ。

・支援級にいると、カリキュラムが個々に作られていて、評定の点数が付かないこと。

 12234940_836026599844417_4170332400758165171_n
※最後の通級時。国語と算数は支援級。それ以外は、通常級でお世話になっていました。こんな感じの通知表でした。

 

私は、この二つ、知らずに支援級に入って、6年生になる時に、先生に「高校はどうしますか?考えていますか?」と聞かれて、ビックリ!!

公立高校にも行けるようにするには、支援級では厳しい。

(評定が付かないため)

我が家は出来るだけ、行ける範囲を広げてあげたいと思いました。

なので、6年生は、学校でも家でもだいぶ厳しく通常級でやっていける訓練?的なことをやりました。

 

年に何回かある、就学指導委員会のテストをうけ、無事合格。

通常級に戻り、中学校は、通常級に戻りました。

 

どうすると通常級にもどれるか?と聞かれたことがありますが、支援級にはいる時に、○○の理由により、支援級での学習・指導体制をお願いするので、その辺りがクリアでき、通常級のお友達と、一緒にやっていけそうなことを伝え、実際に見に来てもらい評価してもらうという形です。

12250178_836026616511082_1260859426369778270_n
※ちなみにこれは支援級の時の通知表。とても手厚い支援級でした♡

我が子だと…

・朝から学校に行けない

・教室にすぐに入れない

・嫌なこと、納得いかないことがあると暴れる(パニック)
 
こういったのものがどのくらい出来るようになってきたかということだと思います。

正式にこれがすべてかはわかりませんが、写真の内容など、この辺りはよく先生と話し合っていました。
 
中学進学 
中学校は、学校によってだいぶ動きが違います。
進学前に、小学校の先生と話し合い、各中学校へ連絡をして見学することや面談することをおススメします。
 
・ほぼ、通常級と同じように進めるところ。(部活も参加する)
・情緒学級と知的学級が一緒に過ごすところ。
・高校進学よりも就労することに力を入れているところ。(作業が多い)
 
それぞれの学校のベースに基づき、個々の動き、支援級と通常級をどの程度の割合で行き来するのか等を話合いします。
 
我が子は、中学校は通常級でしたが、入学前に面談に行き、どんな特性があるのか、どんな対応をしているのか。小学校での様子や家庭での様子を話し、1年生の時は、支援級にもお世話になって、教科によっては支援級で個別指導をしていただいていました。

通常級でも支援級でも些細なことから、親も子も何でも話が出来る先生がみつかることがいいなと思います。
 

これからの時期、小学校に入るのに、どうしようかな?

中学校に入るのにどうしようかな?など、悩みがあるかと思います。

何を悩んでいるのかすらよくわからないってこともあると思います。

12227678_836052876508456_2273063518377162504_n12289692_836055446508199_3015724375303447233_n
※Aunおしゃべり会の様子 お休みの小学生ももちろん参加OK!

 
学校の支援の様子は個々に合わせてくれるので、違いがありますが、小学生や中学生の通常級ですごしている子どものママも、支援級ですごしているママもAunのスタッフにいますので、お気軽にご相談ください。
 
出来るだけ多くの親たちが笑顔になれるお手伝いをしていきたいと思っています。
そして、その笑顔の連鎖が子どもにもつながるように♡願いを込めて。
  
遠藤あゆみ
 
ーAun次回のおしゃべり会ー
 
就学の事でないことでも日常の愚痴でも、気になることでもなんでもおはなししてスッキリしませんか?
わからないことも、質問頂ければわかる範囲でお答えします!
 
12月8日(火)10:30~13:30

市原市三和保健福祉センター1F プレイルーム

出入り自由 無料

 


cocorosalon Aunは「親支援」をすることで「子育て支援」につなげる活動をしています。
子どもが発達障害であってもなくても、子育てには悩みが付きもの。
後回しになりがちな子育て中の親のこころのケアについて。気軽に話したり、解放したり、そして時々学んでみたり。そんな場所を提供していきます。


2015年新設!!
ママのための寺子屋【Aun*co_ya アン小屋】
詳細はこちらからご覧ください。
幕張教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3001
いちはら教室はこちら。
http://cocorosalon-aun.com/?page_id=3030

The following two tabs change content below.

遠藤 歩

17歳/息子(アスぺルガー・ADHD):中1/娘:小3/娘(グレーゾーン?不思議ちゃん)3児の母。    職業:心理カウンセラー   目に見えない、「発達障害」の子育てに、苦しみ、悩みました。 その経験を基に、子育てをひとり抱えて頑張っているママたちとおもいを共感したい!ココロを少しでも軽くしたい!そんな想いから、Aunの活動をはじめました。   1人でも多くの人が笑顔になれますように。

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2017年08月31日 ●9月の予定
2017年10月05日 ●10月の予定
2014年07月18日 おしゃべり会について