発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

痩せる食べ物


私と子どもと発達障害と。cocorosalon Aun(ココロサロンアン)

 

痩せる食べ物

 

本日より妊娠10か月、臨月に突入したAun長谷川です。

 

長かったような、あっという間だったような、そんな妊婦生活。赤ちゃんの健康のため、良いお産のため、体重管理に関しては今回もけっこう気を使いました。

 

今でこそほとんど毎日体重計に乗って自分の体重とにらめっこする日々を過ごしていますが、最も太っていた20代の頃。私は全く体重について気にしたことがありませんでした。

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

大学生活後半から会社員でいる間、美しいとされる日本人20代女子と比べるとけっこうぽっちゃり(いや、ぽっちゃりでは片付かない?)していた私の元には、「〇〇を食べると痩せるらしい」「△△を□□して食べると痩せるらしい」そんな情報が数々寄せられました。

 

でもねぇ。正直言ってそういう情報に私は全然興味がなかったんですよ。(いろいろ教えてくれていたみなさんすみません)

 

BMIって知っていますか?ボディー・マス・インデックスと言って肥満度を表す数値で、体重kg ÷ (身長m)²という計算式で求めることができます。

 

18.5 ~ 25 が普通体重と言われていますが、いつだって私はその枠内に収まっていたんです。それに健康診断も特に問題もなかった。それなのに、痩せる必要、ある!?と強気な私だったのでした。

 

それにそもそも私は、食べ物の命を頂いておきながら太りたくない、痩せたいという考え方が好きではないんです。

 

勝手に食べ過ぎておいて、つまり自分に必要な量以上に命を頂いておいて「太っちゃった~」だと!?

 

というわけで前置きが長くなりましたが、本日はタイトルに反して、アンチ痩せる食べ物な私の超私的コラムです。痩せる食べ物特集を期待した皆さま、申し訳ございません。

 

そもそもみなさん、食べ物を食べているときってどんな気持ちですか?例えばから揚げとか天ぷらとか、ハイカロリーな食べ物を食べているとき。

ef0f376eb8fb92632f09c1217f9357c6_s

「あ~やだやだ太っちゃう」と思いますか?それとも「美味しいー!幸せー!」と思いますか?

 

私はいつだって後者でありたいと思っています。いや、後者である以外ありえないです。だって美味しくて幸せなんだもの。

 

何か食べ物を食べる時には、ありがとう美味しいよ、幸せだよ、という気持ちで食べ物と対面していたい。大げさな言い方になりますが、感謝して食べたいのです。

 

そうやって日々食べてきたもので出来上がっている自分の体について、勝手に自分で食べ過ぎておいて、今度は食べて痩せたい?そんなのナシナシ!と思ってしまうのです。

 

いや、そもそもね、よく言われますけど、特に若い子!痩せすぎな子が多いんです。

 

ファッションアイコンとされる人たちが痩せすぎているせいもあると思うんですが、決して健康的ではない体形を目指している人がとっても多い。

 

先ほどのBMIで言うと18.5未満の人は痩せ形です。それで健康なら問題ないですが、でも痩せすぎは冷え性や貧血からくる体調不良に繋がりやすいんです。

 

血の巡りが悪くなると筋肉が緊張状態になって肩こりになったり、肌ツヤも悪くなりますし、体の冷えは免疫機能を下げてしまうし、痩せすぎは健康のためにも美のためにも良い事はありません。

 

体重はきちんと適性を保たないと!美味しいものを食べて幸せを感じて心も体も健康でいたいじゃないの。

d62c8b889ab66049f383aa11355f099e_s

だから私は「〇〇を食べて痩せる」とか「食べながら痩せられる」というフレーズが好きではないのです。

 

美味しいものを美味しいな~と思いながら食べていれば、きちんと味わって食べていれば、感謝して食べていれば、不健康なほど食べ過ぎるということはないはず。

 

痩せたいとか食べ過ぎたくないとか、余計なことをゴチャゴチャ考えずに、美味しい!幸せ!ありがとう!と思いながら食べていればいいじゃない。

 

体に良いことはないファーストフードや深夜のお菓子だって、たまになら楽しんでいいと私は思っています。

 

何というか、あの甘美な罪悪感というか・・・。体にとっては決して必要ではないけど、心にとってそういうものが必要な時がある、と都合よく解釈しております。

5b33d721e41463db8a9115713cf2711b_s

そうやって日々食べるもので、私たちの心と体は出来上がっているのです。頂いているのは数々の命です。

 

つまり私が言いたいことは、痩せるためでもなくもちろん太るためでもなく、毎日健やかに過ごすために食べることを大切にしていきたい、ということなんです。

 

え?今日のコラムの写真は脂っこいですか?

 

これは、おっぱいが超詰まりやすい私の体質のせいで、産後しばらく油分が多いものを食べられなくなる私の、愛すべき食べ物たちへのオマージュです。

 

The following two tabs change content below.

Aunスタッフ

最新記事 by Aunスタッフ (全て見る)

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください

2015年02月23日 食育は、頑張らない
2015年09月14日 お味噌汁
2015年06月08日 頭が良くなる食べ物!
2015年05月25日 好き嫌い

facebookをフォローする