発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

 Aun(あん)とは

Aunは2013年の9月に「おしゃべり会」を開催したのがスタートです。
 
自分が思っていた以上に全然思い通りにならない日々。想定外だらけの子育て。
 

「いじめ」「不登校」「発達障害」…周囲は私を責めているように見えたし、なんだかいつも肩身が狭いと感じていた。
  
友達に話しても、全然そんなことないよ!とか、家族に話しても、だったら辞めたら?とか、お前のやり方が悪いんじゃない?etc…。
  
近しい人でそうなんだもの。もう誰に相談していいのか、どこまで話していいのか…。

「そんなことない。」
「だったらやめたら。」
「お前のやり方が…。」
 
私の話を否定しないで聞いてほしい!ただそれだけなのっ!
 
 
阿吽の呼吸、ぴったり一致とはいかないかもしれないけど、気持ちが一致して共感出来たり、ここに行ったら仲間がいるとか話を聞いてもらえるとか安心感があったり、そんな場所になりたくて、cocorosalon Aun(あん)と名付けました。
 
 
特別なことは出来ないけど、1人1人と向き合って、一緒に何がベストなのかを考えたり、歩んでいきたいと思っています。
  
子どもの支援はもちろんだけど、親支援に力を入れて活動していきます!
  
その為に必要な事業を展開していきます。

Twitter始めました

  • New post: ハロウィンパーティ @あん寺子屋 https://t.co/vIPG3OrZpL
    about 1か月 ago

うちの子自慢 凸と凹 まめの子通信募集スタート


私と子どもと発達障害と。cocorosalon Aun(ココロサロン アン)

Aunの広報誌、まめの子通信で

「うちの子自慢。凸と凹」

を連載していくことが決定しました。
1313_glass_konpeitou2-540x360

うちの子自慢、凸と凹の連載を決めたわけ。

こんなのは親バカなだけで…と思って褒め惜しみしている面を、堂々と自慢して書いてみることで我が子の可愛さを、さらに実感するきっかけにする。

 

特性・個性を知ってもらうきっかけにする。


 

我が子が一番かわいいのは、皆同じ。だけど、やっぱりイラッとすることや、いっぱいいっぱいで余裕がなく過ごしてしまうタイミングもあると思います。

 

この記事を書くことで、我が子の苦手なところと、実はすごい!!と思っているところを、存分に表現してみませんか?

こんなのは親バカなだけで…と思って褒め惜しみしている面も、堂々と自慢して書いてみることで親自身も、何よりも記事になったことで子ども自身も喜びの声を頂いています。

 

発達障害のある子も、定型発達(健常)の子どもも同じように、得意と不得意はあると思います。

発達障害のある子や、グレーゾーンと言われる子は 、その凸と凹のふり幅が大きいだけ。

 

同じ世界に住んでいるはずなのに、どこに基準があるかもわからない「ふつう」という言葉で周囲と比較してははじかれていくこの世界。最近はだいぶ理解しようとしてくれる人、広めようとしてくれる人が増えています。話を聞いてくれる人も増えました。

 

 

見た目が普通なため、気がつかれないことも多いし、特徴をお話したところで、

「私もそうだよ」

「みんなそうじゃないの?」

「うちの子も同じ・・・」

と言われることも多いです。

 

そうなんです。同じなんです。同じなんだけど、違うんです。苦手な部分が、努力などで穴埋めできるものではないのです。

 

これは私の主観的な表現なので、それが正しいのか、皆さんに伝わるのかもわかりませんが・・・・・

 

痒いのって我慢しにくいし、気になりませんか?何していてもかゆみって結構意識を持っていかれませんか?

 

もしそうだとしたら、こだわったり、意識が他の何かにとんでしまう時(目の前のものに取り組めない、気が付かない)などのときって、そのかゆみに意識を支配されている感覚と似ているような気がします。

IMG_4215[1]

一見、こだわっていたりしていて前に進めないのだとしたら、それは凹に見えるかもしれませんが、案外凸になることもあります。

 

というのは、その時の「集中力」や、「なんで?」に向かうエネルギーが凄いからです。

 

興味のあるものへの記憶力は、物凄い気がします。

小さい子でも、電車の種類を全部言えたり、言葉はたいしてまだ話しできないのに、数字は1から100まで言える…漢字は苦手なハズなのに、歴史の武将は全部言える、読める…など、もちろん発達凸凹の子ども達だけではないと思うけど、自分や家族では当たり前のことも、とってもすごいことだったりします。

 

見方によっては、マイナスに見えてしまうようなことも、プラスに転じることも結構あるのです。

 

何度も書いてしまいますが、ふり幅が、大きいだけなんです。

 

主婦の方でも洗濯物の干し方や、食器の洗った後の置き方など、多かれ少なかれ、こだわりもあると思います。
 
そういったことを、色んなお子様のお話を聞かせて頂き、特性もいいところも、まめの子通信で連載をさせて頂くことで、「みんなちがってみんないい」をたくさんの方に知って頂くきっかけになったらいいなと考えています。

たくさんのご協力・応募をお待ちしております!


記事の仕上がりイメージ

うちの子じまん。凸と凹 No.1 まめくん。

仕上がりまでの流れ。

 

Aunから、アンケートを送信。

アンケートに回答、(文字数制限あり)

写真添付・返信(2週間以内)

記事の確認。

掲載号をご連絡。

掲載号を郵送。

タイミングを見てブログでもご紹介。

 

応募・お問合せはこちらから。
aeb6a7f595196b3029f1e672b5e182f9_s


 

The following two tabs change content below.

遠藤 歩

17歳/息子(アスぺルガー・ADHD):中1/娘:小3/娘(グレーゾーン?不思議ちゃん)3児の母。    職業:心理カウンセラー   目に見えない、「発達障害」の子育てに、苦しみ、悩みました。 その経験を基に、子育てをひとり抱えて頑張っているママたちとおもいを共感したい!ココロを少しでも軽くしたい!そんな想いから、Aunの活動をはじめました。   1人でも多くの人が笑顔になれますように。

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください