発達障害 親子サポート cocorosalon Aun BLOG

遠藤歩

 Aun(あん)とは

Aunは2013年の9月に「おしゃべり会」を開催したのがスタートです。
 
自分が思っていた以上に全然思い通りにならない日々。想定外だらけの子育て。
 

「いじめ」「不登校」「発達障害」…周囲は私を責めているように見えたし、なんだかいつも肩身が狭いと感じていた。
  
友達に話しても、全然そんなことないよ!とか、家族に話しても、だったら辞めたら?とか、お前のやり方が悪いんじゃない?etc…。
  
近しい人でそうなんだもの。もう誰に相談していいのか、どこまで話していいのか…。

「そんなことない。」
「だったらやめたら。」
「お前のやり方が…。」
 
私の話を否定しないで聞いてほしい!ただそれだけなのっ!
 
 
阿吽の呼吸、ぴったり一致とはいかないかもしれないけど、気持ちが一致して共感出来たり、ここに行ったら仲間がいるとか話を聞いてもらえるとか安心感があったり、そんな場所になりたくて、cocorosalon Aun(あん)と名付けました。
 
 
特別なことは出来ないけど、1人1人と向き合って、一緒に何がベストなのかを考えたり、歩んでいきたいと思っています。
  
子どもの支援はもちろんだけど、親支援に力を入れて活動していきます!
  
その為に必要な事業を展開していきます。

Twitter始めました

  • New post: ハロウィンパーティ @あん寺子屋 https://t.co/vIPG3OrZpL
    about 1か月 ago

●ちいき新聞 掲載 と、裏側のお話。


親子サポートCocorosalon Aun(あん) 市原市

 

9月に開催された「みんなの学校」上映会と、木村泰子氏の講演会の様子が、ちいき新聞に掲載されました。

 

発達障害 啓発活動2017として開催した上映会と講演会。
 
ーホワイエ・ロビーの様子ー
 
中学生や、小学生もボランティアとしてピンクビブスで前日準備や当日準備をしてくれました。

 

そして、それぞれのスタッフの発達障害のある子どもたちも目立つピンクビブスを来て、一日会場でお手伝いしたり、遊んだりしていました。

正直、今回 ピンクビブスが一番ヤバい。ひどい。などの声もありました。

目立つから、目がいきやすかったとおもいます。

 

見た目は普通?!中身は不思議な、彼、彼女たち。
 
「お仕事する―」といって、上映中の会場に入っていって、アンケートを配ろうとして他のスタッフに回収された場面もありました。
 
ご来場くださった皆さまのお子様たちよりも走り回ったり、遊び場で段ボールにダンボールカッターを無表情でブスブスさしている場面もありました。
 
誰よりも大きな声で、泣いたり怒ったり、蹴った蹴られたの喧嘩をしているタイミングもありました。
 
物販をしていたブースの店番で、開始30分もしないうちに、バンバン値下げしたり、もはや配り歩く様子もありました。

 

ま、これだけ書くと、やばいやつって言われますね。笑

 

でも、お手伝いに行くんだから!と、一生懸命、お仕事をしようとしていました。
 
人ごみが苦手な子も、必死に自分で感情に折り合いをつけようとしていました。
 
感情に素直に人対人としてぶつかっていました。
 
皆さんの笑顔が嬉しくて、喜んでくれる顔が嬉しくて、考えた結果の値下げで、自分たちで考えた行動が出来ていました。

 

正しいのか、正しくないのかが、多数決で決まりやすい世の中だから外れてみえるけど、彼ら彼女らも、自分たちで考え、聞いたことを必死に実行しようと行動していました。

 

大人の顔色ばかりをうかがう子もいる中で、自然体の彼ら彼女らはとっても素敵だと、私は思うのです。誰だからいいとか悪いとか、そういうことじゃなく、○○君は○○くん。○ちゃんは○ちゃん。
 
そんな風に見ている純粋なこの子たち。

 

子どもらしいなって思います。

自画自賛ですみません。でも、とっても可愛いです、この子たち。

 

やばい面もきっとあったと思うけど、発達障害が一律で同じではないことを伝えることが出来たとしたら、嬉しいなと思うのです。

 
ー場内での話ー
 
木村先生のお話をきいて、「みんなちがってみんないい」と改めておもいました。

 

 

当たり前のことではありますが、子どもはみなうまれつき幸せになる権利を持っていると言っていた先生の言葉は、参加された多くの人に、親としてのあり方、先生としてのあり方、地域に住む人としてのあり方、支援者のあり方、いろんな立場を今一度立ち止まり、考え直す機会になったのではないかと思うのです。

 

 

子どもひとりひとりが幸せになるために、周囲の大人がいがみ合うのではなく、協力できる社会を望み、今後も活動していきたいと思います。


Aunの活動についてはこちらをご覧ください。

日々の詳細は、こちらのブログやLINE@でご案内いたします。

The following two tabs change content below.

遠藤 歩

17歳/息子(アスぺルガー・ADHD):中1/娘:小3/娘(グレーゾーン?不思議ちゃん)3児の母。    職業:心理カウンセラー   目に見えない、「発達障害」の子育てに、苦しみ、悩みました。 その経験を基に、子育てをひとり抱えて頑張っているママたちとおもいを共感したい!ココロを少しでも軽くしたい!そんな想いから、Aunの活動をはじめました。   1人でも多くの人が笑顔になれますように。

Aun LINE@ 

LINE@登録はこちらから。

 Aun LINE@はじめました♡
 登録はこちらから。(ロゴをクリックしてね)

Aun主催イベント


こちらも合わせてお読みください